ホーム > 主な事業 > 地盤調査・測量調査

主な事業

地盤調査・測量調査

地盤調査

地盤調査は基礎設計にとって必要不可欠です。目で見て確認できない地盤を、原位置試験で調査し、周辺情報と突き合わせることで、地盤の三次元的な構成が推定できます。一見、平らな土地でも、実は沼沢や谷を埋め立てた場所であった、といった落とし穴が潜んでいる場合も多くあり、不用意に建物を建てると沈下障害につながります。

目に見えない地中部分には、なるべくお金をかけたくない、と思われる方も多いでしょう。目に見えない部分で適切な地盤調査を実施することが、結局は経済的で安全な基礎設計につながります。しっかりした情報、土台の上に構造物を築くことが大切です。

弊社が実施している地盤調査を下表にまとめます。

  スウェーデン式
サウンディング試験
標準貫入試験 動的コーン貫入試験
貫入方法 静的 動的 動的
貫入装置
測定法 質量が250N, 500N, 750N, 1kNとなるようにおもりを段階的に載荷して、荷重ごとの沈下量を記録します。次に質量1kNのおもりを載荷した状態でハンドルを回転させ、貫入深さ1m当たりの半回転数を測ります。得られたデータから換算N値を求めます。 質量635Nのハンマーを高さ75cmから落下させ、サンプラーを30cm貫入させるのに要する打撃回数(N値)を測ります。 質量500Nのハンマーを高さ63.5cmから自由落下させ、ロッドを20cm貫入させるのに要する打撃回数を測ります。周面摩擦抵抗分を補正するためにトルクの測定を併せて行い、打撃回数Nd値を求めます。
特徴 硬質地盤への適用に限界はありますが、機動性に富み、安価に調査が行えるので住宅基礎の調査に有効です。データは連続で得られますが土質の区分は試験者の感覚に依ります。試験結果をN値へ換算することで、地盤や杭の支持力推定に利用します。 ほとんどの地盤に適用可能です。得られるデータは不連続ですが、試料がサンプラーに回収できるため土質の区分が容易です。数多くのデータベースに基づいて、N値と各種地盤定数との関係が提案されており、地盤や杭の支持力、変形を評価できます。 スウェーデン式サウンディング試験の適用性を、より高めたもので、やはりスウェーデンで開発されました。N値への換算により、地盤や杭の支持力推定に利用します。
適用土質 やわらかな粘性土や緩い砂質土 巨石や硬質岩などを除く、ほとんどの土質 やわらかな土質から比較的、締まった土質
適用深度 手動式15m、自動式20m程度 最大80m程度 最大30m程度
ページTOPへ

測量調査

測量調査は、土地を記録し、構造物を築く上で欠かせません。弊社は、とりわけ住宅基礎の地盤調査を数多く手がけてきましたが、併せて測量調査を実施することも多く、安全な基礎を築くための一貫した調査で、財産保全に貢献します。

ページTOPへ