ホーム > 製品・工法の紹介 > MAXパイル

製品・工法の紹介

MAXパイル

経済的に不同沈下を抑制する地盤補強杭です。

  • 杭先端部に、スカート状の大きな翼を設置した小径の鋼管杭です。
  • 独特な形状の翼は、表層の不安定な地層を抜いて、より安定した深さに上部荷重を分散させるのために有効で、不同沈下を抑制する効果が期待できます。
  • 施工が簡便でコストを抑えられるため、住宅基礎、土間下、排水溝など、小規模構造物の基礎杭として適しています。
特徴 翼数 杭径
(mm)
翼径
(mm)
杭先端平均N値 長期支持力
(N=15)
(kN)
沈下抑止杭
先端閉塞
1 114.3 350 N≦15程度 70
114.3 500 140
139.8
114.3 700 280

※杭仕様の選択は弊社にご相談願います。

ページTOPへ